ページの先頭です 本文へスキップ

Easy Web Browsing 起動ボタン

ホーム坂戸市

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です

市たばこ税

市たばこ税は、製造たばこの製造者、特定販売業者(外国産たばこの輸入業者)又は卸売販売業者(以下「製造たばこの製造業者等」といいます。)が市内のたばこ小売販売業者に売り渡した製造たばこに対して課されます。

たばこの小売価格には、市たばこ税相当額が含まれており、実際には、たばこを買う人が負担しています。

納税義務者

製造たばこの製造業者等

申告と納税

納税は、納税者が自らの計算に基づいて税額等を申告し、納付する「申告納付」で行います。

製造たばこの製造業者等が、毎月の初日から末日までの間に売り渡したたばこに係る税額について、翌月末日までに申告及び納付をすることになっています。

税率

紙巻たばこ旧三級品以外の税率(1,000本当たり)

期間
地方税 国税
合計

市町村

たばこ税

道府県

たばこ税

たばこ税

たばこ

特別税

平成30年9月30日まで 5,262円 860円 5,302円 820円 12,244円
平成30年10月1日から 5,692円 930円 5,802円 820円 13,244円
平成32年10月1日から 6,122円 1,000円 6,302円 820円 14,244円
平成33年10月1日から 6,552円 1,070円 6,802円 820円 15,244円

紙巻たばこ旧三級品については、次表のとおり特例税率が適用されます。 

なお、平成31年10月1日からは、特例税率が廃止されます

紙巻たばこ旧三級品の税率(1,000本当たり)

期間
地方税 国税
合計

市町村

たばこ税

道府県

たばこ税

たばこ税

たばこ

特別税

平成28年3月31日まで  2,495円 411円 2,517円 389円 5,812円
平成28年4月1日から  2,925円 481円 2,950円 456円 6,812円
平成29年4月1日から  3,355円 551円 3,383円 523円 7,812円
平成30年4月1日から 4,000円 656円 4,032円 624円 9,312円

平成31年10月1日から

特例税率廃止

5,692円 930円 5,802円 820円 13,244円
紙巻たばこ旧三級品の銘柄(6銘柄)

(1)わかば・(2)エコー・(3)しんせい・(4)ゴールデンバット・(5)ウルマ・(6)バイオレット

※(5)と(6)は、主に沖縄県で販売されています。

手持品課税(紙巻たばこ旧三級品)

概要

平成27年度のたばこ税関係法令の改正により、平成28年4月1日から、紙巻たばこ旧三級品に係るたばこ税及びたばこ特別税並びに道府県たばこ税及び市町村たばこ税(以下「紙巻たばこ旧三級品に係るたばこ税」といいます。)の特例税率が廃止され、紙巻たばこ旧三級品に係るたばこ税の税率が段階的(注)に引き上げられることとなりました。

これにより、税率引上げの日(以下「手持品課税の日」といいます。)の午前0時現在において、販売用の紙巻たばこ旧三級品を5,000本以上所持するたばこの販売業者(小売販売業者及び卸売販売業者)に対し、たばこ税の「手持品課税」を行います。

「手持品課税」の対象となるたばこの販売業者においては、提出期限までに手持品課税納税申告書を所轄の税務署長等に提出し、納期限までに納付することになります。なお、申告書は、営業所又は貯蔵場所の所轄税務署において一括して受け付けていますので、埼玉県、坂戸市それぞれに提出する必要はありません。

(注)この改正は、激変緩和の観点から経過措置が講じられ、平成28年度から平成31年度までの4段階に分けて実施されます。上記の紙巻たばこ旧三級品の税率を参照してください。

手持品課税の税率

手持品課税(紙巻たばこ旧三級品)の税率(1,000本当たり)


税率引上げの日

(手持品課税の日)

地方税 国税
合計

市町村

たばこ税

道府県

たばこ税

たばこ税

たばこ

特別税

平成28年4月1日

430円

70円 433円 67円 1,000円
平成29年4月1日 430円 70円 433円 67円 1,000円
平成30年4月1日 645円 105円 649円 101円 1,500円
平成31年10月1日 1,692円 274円 1,770円 196円 3,932円

手持品課税(紙巻たばこ旧三級品以外)

概要

平成30年度のたばこ税関係法令の改正により、平成30年10月1日から、国及び地方のたばこ税の税率が段階的(注)に引き上げられることとなりました。

これにより、税率引上げの日(以下「手持品課税の日」といいます。)の午前0時現在において、販売用の紙巻たばこ旧三級品以外を2万本以上所持するたばこの販売業者(小売販売業者及び卸売販売業者)に対し、たばこ税の「手持品課税」を行います。

「手持品課税」の対象となるたばこの販売業者においては、提出期限までに手持品課税納税申告書を所轄の税務署長等に提出し、納期限までに納付することになります。なお、申告書は、営業所又は貯蔵場所の所轄税務署において一括して受け付けていますので、埼玉県、坂戸市それぞれに提出する必要はありません。

(注)この改正は、激変緩和の観点や予見可能性への配慮から経過措置が講じられ、平成30年10月1日、平成32年10月1日、平成33年10月1日の3段階に分けて実施されます。上記の紙巻たばこ旧三級品以外の税率を参照してください。

手持品課税の税率

手持品課税(紙巻たばこ旧三級品以外)の税率(1,000本当たり)


税率引上げの日

(手持品課税の日)

地方税 国税
合計

市町村

たばこ税

道府県

たばこ税

たばこ税

たばこ

特別税

平成30年10月1日 430円 70円 500円 - 1,000円
平成32年10月1日 430円 70円 500円 - 1,000円
平成33年10月1日 430円 70円 500円 - 1,000円

 平成30年10月1日から、加熱式たばこの課税方式が見直されます

平成30年度税制改正により、加熱式たばこについて、(1)喫煙用の製造たばこの区分として、新たに「加熱式たばこ」の区分を創設し、(2)紙巻たばこの本数への換算方法について、「重量」と「価格」を紙巻たばこの本数に換算する方式となります。

加熱式たばこの課税方式の見直しについては、平成30年10月1日から平成34年10月1日までの5年間かけて段階的に新課税方式に移行されます。なお、経過期間中の課税標準は、新課税方式による紙巻たばこへの換算を1/5ずつ増やしていきます。

参考

平成30年4月1日現在のたばこ1箱(20本入り430円)当たりの税金等の内訳(紙巻たばこ旧三級品以外の場合)

税目 区分 税額等 割合
市たばこ税 市税 105.24円  24.5%
県たばこ税 県税 17.20円  4.0%
国たばこ税 国税 106.04円  24.7%
たばこ特別税 国税 16.40円  3.8%
消費税及び地方消費税 国税及び県税  31.85円  7.4%
原材料費等 その他  153.27円  35.6%

 

 このページを印刷する - 市たばこ税  戻る  ページの先頭
ここまでが本文です 先頭へもどる
ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です

平成30年12月1日現在  人口  101,317人[+35人]  / 世帯  45,838世帯[+24世帯]  ※[ ]内は前月比
※詳しくは統計データのページをご覧ください。

坂戸市役所  〒350-0292  埼玉県坂戸市千代田1-1-1  【坂戸市へのアクセス
電話:049-283-1331  Fax:049-283-3903

Copyright © SAKADO CITY. ALL RIGHTS RESERVED.